第40回 県小中学生書道展 ~席上揮ごう編~

8+

県小中学生書道展は、一次審査で特選に選ばれた人が席上揮ごうに挑みます。
半切半紙の席上揮ごうは、毎年サンドームで行われます。

今回、この席上揮ごうの様子を📷できましたので、来年のために紹介します。


まずは、サンドームの玄関。
暑い日差しの中、受付開始まで外で参加者の親子が行列で並びます。行列は、玄関から正面車道までで3列あったかな・・
私どもは車で5分という近さなので本当に助かります。

受付のあと、自分の席上揮ごうの場所で準備をしている様子

私も一緒に準備を手伝っています。 どこにいるでしょうか???
準備ができ、子供たちが練習をはじめました。すでに緊張感が伝わるでしょうか。

席上揮ごう 

 ご家族の方が上から📷を取ってくれました。貴重な写真です。

小学1年から4年生までは、親や付き添いが一人つけます。真剣なまなざしでいるのは親のほう。子供たちはマイペース。

席上揮ごう 後半 

出品券もはり、あとは作品を提出するだけ。。。ほっとしたところでピース✌
こっちでもピース✌   席上揮ごうを楽しんで・・


中学生の席上揮ごう

中学生  課題ももらって思案中
(固まっているのか・・) 
中学生 書き始めたけど、課題が何なのか見えない!! 大丈夫かぁ
とにかく上からパワーを送るだけ💪


おまけ  特訓中の風景  

特訓中だけど、和やかな時間も  おつかれさんでした!!
8+

第40回 県小中学生書道展 ~展覧会編~

8+

毎年、恒例の夏の大イベントといえば、この小中学生書道展。
子供たちが、背丈ほどもある半切半紙に大きな筆で力強く書きあげた作品はすばらしいです。
今年は3475人が出品。827人が席上揮ごうの参加券をつかみ、サンドームで席上揮ごう。ここで入賞した作品が、福井新聞社で展示されていました。
子供の書いている姿が想像できないほどの力強さ・・ため息がでるような美しい線・・本当に見ごたえありました。
そして来年に向けたパワーをもらって帰りました。

教室の生徒さんも、席上揮ごうに向けて連日の練習を行いましたが、本当にお疲れさまでした。いつも思うことですが、入賞することだけが目的ではなくて、席上揮ごうを実際に体験したこと、席上揮ごうに向けて親子で練習したこと、これはみなさんにとって貴重なことで、これからの力になっています。
席上揮ごうが終わってから、パワーアップしている自分の変化に気が付くのこと、これがもう一つの楽しみです(^_-)-☆

それから、今回は中学生が準推薦に選ばれました。
中学生は、席上揮ごうの場で課題を渡されて、ひとりで作品をしあげなければいけませんから、席上揮ごうの1時間は自分との戦いなんです。
中学生の入賞は本当にすごいことです。
「おめでよう!!よかったね 」 抱きしめてあげたいです(^_-)-☆

福井新聞社にて入賞者の展覧
福井新聞社にて入賞者の展覧
準推薦   中2   Yなちゃん
席上揮ごうの翌日、入賞の新聞をみて、「おめでとう!!名前のってるよ」「やった~💛」とラインで受賞のお祝いメールをしました。
彼女は、小学5年生で書道を習いだしたので、席上揮ごうではいつも1人で。私は2Fから声援することしかできなくて歯がゆくて歯がゆくて・・本当によかったね😢  
8+

夏休みの宿題

12+

夏休みの宿題、毎年恒例の賞状名前書き。
賞状の名前書きは、なかなか難しい。賞状に一発勝負の賞状の名前書きは、毎年何枚書いても、よしっ!!っ満足できるものがなかなかできないまま、とりあえず宿題を仕上げています。 勉強しないと!(^^)!
今年も何とか完成!! ただいま乾燥中~  

教室の生徒さんも、お盆休みあけから宿題の追い込みだろうな・・

12+

夏休みの宿題

11+

今日は鯖江書道展の搬入日。
生徒さんが一生懸命仕上げた作品を搬入してきました。
たくさん入賞できますように・・(^_-)-☆

ところで、搬入⁉って何🤔 ですよね
条幅作品は、下の写真のように仮巻き表装をして出品します。
本格的な仕立てではないですが、作品を掛け軸のようにくるくる巻けて保管や展示ができるようにします。
私も、今回が初挑戦。
作品を傷めないように曲がらないように・・あれこれ試行錯誤しながら、出品する生徒さんの作品を仕立てました。
腰いた~ぃ(-_-;)

私の夏休みの宿題が1つ終わり。。。

作品は、たっぷりの墨をつけて書いているから、どうしても縮んでます。それを直接貼り付けると、作品が綺麗に張り付けられなかったり、巻いた時に作品を傷めてしまいます。
なので、四隅に短冊を付けて、作品をのりでくっ付けます。
11+

7月入会のお友達紹介

12+

毎日、暑いですね(;^ω^)
教室に、額に汗を書いた子供たちが「あ、涼しい!!」って叫びながら入ってくる姿を楽しみに、エアコンをガンガンきかせてお出迎えしてるこのごろです。

少し遅くなりましたが、7月に入会された子供さんとご夫婦を紹介します~!!

小学1年生 Rなちゃん
硬筆からはじめて、ようやく毛筆をはじめたRなちゃん。楽しくてしょうがないらしく、堂々と「おと」を仕上げました!! 
「お」はひらがなの中でも難しい字なんだけど、名前の中にある字だけあって、Rなちゃんにとっては得意な字💪 文句なしの力作です👏
 
ご夫婦で硬筆を習いに来られるK祐さん(旦那様👩)

こちらにいらっしゃる前にご自分で本で勉強されていたとの事で、旦那さまの意気込みが感じられますね。 日頃なかなか正座をする機会がないようで、正座と戦いながら熱心に取り組んでいる姿には頭があがりません。
コンプレックスを感じなくなるように頑張りましょうね(^_-)-☆

ご夫婦で硬筆を習いに来られるM子さん(奥様👩)

字を書くことも少なくなったとは言え、自分の字にコンプレックスがあるとかで、ご夫婦で硬筆を始められました。
ひらがなは、漢字が元となってできた文字。そんな事を意識しながらひらがなを書くと、今までに気が付かないことだらけで楽しいです(^^)/とおっしゃっています。
写真は、はじめていらした時のひらがなです。  楽しみですね

12+

福井フェニックスまつり書道展

8+

今年、初めてチャレンジしてみた福井フェニックスまつり書道展ですが、2人が特別賞に入賞することができました。

書道展がいくつも重なって時間がない中、やっぱり最後まであきらめずに練習した分のご褒美だね。。

福井まつり賞 4年生 Zくん

この上下の文字は、文字の大きさを微妙に変化しないといけないけっこう難しい課題ですが、大きさも完璧、1つ1つの線も方向もピシッと揃って、丁寧に書き上げ、Zくんらしい力作の仕上がりになったと思います。
入会して1年ちょっと。めきめきと力を付けていってるね。
頑張った\(^o^)/おめでとうございます!!

墨運堂賞 4年生 Hとくん

6月に入会したばかりのHくん。
「ここをこうしよっか」と私が言うと、きにんと確実に直してくるHくんには、本当にいつも感心。
2文字の大きさ、横画の方向、線と線の重なり、全てきちんとできたHとくんらしい作品に仕上がっています。
今回の入賞をHとくんに伝えた時、嬉しさいっぱいの顔で喜んでいた姿は忘れられないです。
 今、乗りに乗ってるね おめでとう!!


8+