若越月例4月号 硬筆作品 -小6-

7+

毛筆に引き続き、教室がお休み中に練習してくれた作品を紹介していきます。 今回は、教室入会の体験で硬筆をチャレンジしてくれた作品もあります。
硬筆は1枚を仕上げるのに本当に時間がかかりますが、集中して頑張って仕上げてくれました。 すごいと思います。

小6  Nきちゃん

編とつくりの漢字がとても多くて、中心のとらえ方が難しい課題だったと思います。
横線の間隔がきちんとそろえられて、偏とつくりの配分もしっかりできていて、すばらしい仕上がりになっていると思います。硬筆の大事さ、きっと毛筆にいきてきますよ。


小6   Nかちゃん

編とつくりの漢字がとても多くて、中心のとらえ方が難しい課題だったと思います。
漢字の横線の間隔がきちんとそろえられて、偏とつくりの配分もしっかりできています。ただ、なんとなく、ひらがなと漢字のバランス、きっとここに苦心したのかも。これがしっかりできると、行の長さも揃ってくると思います。

小6   Yと君

6月から入会した元気な男のです。
体験で、この課題を書いてもらいましたが、ビフォア、アフタの違いに驚き。 私のアドバイスでしっかり補正して、丁寧に仕上げてくれました。
きっと、ひらがなを練習すれば、もっともっと見違えるような出来栄えになるはず!! とっても期待していますよ♡
7+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です